沿革

 私たち応用化学部門の源は、明治44年(1911年)に創設された応用化学科にまでさかのぼり、工学部化学系の学科としては東京大学、京都大学と同様長い歴史と伝統を持っています。

 高度成長期の石油化学工業の隆盛に伴い、1957年には応用化学科を母体に有機系化学を主とする合成化学科が設置されました。
さらに1990年代の大学院重点化に伴い、応用化学科と合成化学科を統合し応用物質化学科が1991年に設置されました。
 
  さらに1997年(平成9年)には、応用物質化学科と他2学科を大きく1つにまとめ、3コースからなる物質科学工学科を設置しました。この際、伝統ある応用化学の名称を復活させ、応用化学部門を組織し、学部教育組織として2つのクラス(機能物質化学クラス分子システム工学クラス)を設置し今日に至っています。

  2005年(平成17年)には、歴史ある箱崎キャンパスから最新設備を整えた伊都キャンパスに移転し、21世紀の学問と産業を先導する化学・物質科学の研究拠点として、活発に研究教育活動を行っています。

  応用化学部門の各研究室は、それぞれの学術分野で世界トップレベルの研究を行っています。
教育面では、グローバルCOEプログラムを中核として世界をリードする研究教育拠点の確立に努めています。
さらに共同研究やベンチャー企業創製などを通じて産業界へも多大なインパクトを与え続けています。