第五講座へようこそWelcome to Molecular Information Chemistry Lab.

研究室のコンセプトGroup Concept


 分子情報システム講座ではカーボンナノチューブや金属ナノ粒子などのナノマテリアルの基礎物性研究から実用化を見据えた応用開発まで研究しています。特にWPI-I2CNER 電気化学エネルギー変換研究部門のメンバーとして次世代燃料電池の開発にも精力的に取り組んでいます。

 今の目標は、いよいよ4年後に迫った東京オリンピックで実用化される材料を開発することです。特に、カーボンナノチューブは構造材料、電池材料、ライフサイエンス素材として魅力的な特徴を有しているために注目しています。分子合成技術を駆使し、超分子化学に根差した技術を土台とし、「化学」の力で世界の先端を行く材料を世の中に送り出したい、と考えています。分光電気化学による電子準位決定、相互作用解析、カイラリティ分離等の基礎研究成果を土台とし、2020年に華やかにデビューする燃料電池や透明導電性膜、ナノバイオ研究を行っています。

(旧)中嶋研技術体系図はコチラ

研究室のコンセプトGroup Concept


藤ヶ谷准教授よりFrom prof. Fujigaya

19世紀は鉄、20世紀はシリコン、そして21世紀はカーボンの時代と言われています。ナノカーボンは21世紀の科学技術を切り開く最先端材料です。
 カーボンは炭として人類がともに歩んできた古い材料ですが、今なお新しい可能性を魅せてくれる古くて新しい材料です。この究極の素材を使って若い学生や研究者と共に新しいサイエンスを開拓します

学会・講演会情報Meeting/Presentaion

5月29-31日 高分子学会年会@幕張メッセ

 Kim Gayoung
「共有結合性有機構造体を利用した高表面積窒素ドープポーラスカーボンの合成」(口頭)
 Han Hoon
「An Effect of Side Chain structure of Acid-grafted Poly(2,5-benzomidazole) on Proton Conductivity」(口頭)
 永井 薫子
「マイケル付加反応による後修飾が可能な架橋高分子被覆カーボンナノチューブの合成」(口頭)
 松本 昌修
「カーボンナノチューブ電極の3D化によるリチウム空気電池の充放電容量の向上」(口頭)
 Euiji Joy Choi
「Influence of new ionomer and carbon support on PEMFC operation at high temperature」(口頭)
 志賀 為仁
「イミン結合形成による芳香族アルデヒド修飾単層カーボンナノチューブの発光波長変換」(口頭)

7月1日第54回化学関連支部合同大会@小倉

 白石智也
「多点修飾によるカーボンナノチューブ近赤外発光の長波長化」(ポスター)
 黄文シン
「フラビン抽出法で単離した半導体SWNTの熱電特性」(ポスター)
 Samindi Jayawickrama
「Enhanced Pt utilization in polybenzimidazole-wrapped carbon black for polymer electrolyte membrane fuel cells」(ポスター)
 Han Hoon
「スルホン酸側鎖を持つABPBI膜からなる電解質膜の作製およびプロトン伝導度の評価」(ポスター)
 韓 自依
「アニオン型燃料電池の電極触媒におけるアニオン電解質の安定性の検討」(ポスター)
 西村 加奈子
「単層カーボンナノチューブの分離に対する可溶化剤分子構造の影響」(ポスター)
 大園 啓太
「フラビン誘導体を用いた選択的分散による単層カーボンナノチューブのカイラリティ単離に向けた研究」(ポスター)
 鬼塚 悠
「カーボンナノチューブの化学修飾サイト上でのゲスト認識に基づく近赤外発光波長変化」(ポスター)
 永井 薫子
「マイケル付加により後修飾可能な架橋高分子被覆カーボンナノチューブの合成」(ポスター)
 松本 昌修
「カーボンナノチューブ電極の低密度化によるリチウム空気電池の充放電容量の向上」(ポスター)
 志賀 為仁
「芳香族アルデヒド修飾の単層カーボンナノチューブのイミン結合形成に基づいたフォトルミネッセンス変調」(ポスター)
 Euiji Joy Choi
「Influence of New Ionomer on PEMFC Performance at High Temperature」(ポスター)

新着情報News

2017.4.22
Shi君(卒業生)、楊さん(PD)の論文がJ. Mater. Chem. Aに採択されました。
2017.4.1
PD中山さん、4年生新留君、余君、吉原君が、3年生のAnganaさん(G30)が新たにメンバーに加わりました。
2017.4.1
新たに分子情報システム講座がスタートしました。

Copyright(C) Tsuyohiko Fujigaya. All Rights Reserved.