藤ヶ谷研究室へようこそWelcome to Fujigaya Lab.

研究室のコンセプトGroup Concept


 藤ヶ谷研究室ではカーボンナノチューブや金属ナノ粒子などのナノマテリアルの基礎物性研究から実用化を見据えた応用開発まで研究しています。特にWPI-I2CNER 電気化学エネルギー変換研究部門のメンバーとして次世代燃料電池の開発にも精力的に取り組んでいます。

 今の目標は、いよいよ4年後に迫った東京オリンピックで実用化される材料を開発することです。特に、カーボンナノチューブは構造材料、電池材料、ライフサイエンス素材として魅力的な特徴を有しているために注目しています。分子合成技術を駆使し、超分子化学に根差した技術を土台とし、「化学」の力で世界の先端を行く材料を世の中に送り出したい、と考えています。分光電気化学による電子準位決定、相互作用解析、カイラリティ分離等の基礎研究成果を土台とし、2020年に華やかにデビューする燃料電池や透明導電性膜、ナノバイオ研究を行っています。

(旧)中嶋研技術体系図はコチラ

研究室のコンセプトGroup Concept


藤ヶ谷教授よりFrom prof. Fujigaya

19世紀は鉄、20世紀はシリコン、そして21世紀はカーボンの時代と言われています。ナノカーボンは21世紀の科学技術を切り開く最先端材料です。
 カーボンは炭として人類がともに歩んできた古い材料ですが、今なお新しい可能性を魅せてくれる古くて新しい材料です。この究極の素材を使って若い学生や研究者と共に新しいサイエンスを開拓します

学会・講演会情報Meeting/Presentaion

6月23,24日 CNT熱電研究会@大阪

 藤ヶ谷 剛彦
「n型ドープCNTの安定性について」(口頭)
 黄 文シン
「半金分離CNTシートの熱電性能について」(口頭)
 松本 昌修
「異方性制御CNTの伝導異方性の検討」(口頭)

6月30日 化学関連支部合同大会@小倉

 白石 智也
「複数のジアゾニウム基をもつ修飾分子を利用したカーボンナノチューブの近赤外発光の長波長化」(ポスター)
 黄 文シン
「カーボンナノチューブ熱電特性の半導体性純度依存性評価」(ポスター)
 キム ガヨン
「Self-assembled organic nanowires of diaminoanthraquinone and surface modification」(ポスター)
 Weerathunga Dhammika
「Durability analysis of carbon nanotube-based electrocatalysts for polymer electrolyte fuel cells using perfluorosulfonic ionomers」(ポスター)
 Samindi Jayawickrama
「The influence of polybenzimidazole (PBI) wrapping on different carbon blacks for polymer electrolyte membrane fuel cells」(ポスター)
 ハン フン
「側鎖酸を持つABPBI膜からなる電解質膜の作製および側鎖の影響の評価」(ポスター)
 松本 昌修
「カーボンナノチューブ膜の配向制御による伝導率の異方性制御」(ポスター)
 永井 薫子
「被覆ゲル層のクリック化学を用いたカーボンナノチューブの新規修飾法の開発」(ポスター)
 志賀 為仁
「後修飾に基づく化学修飾サイトの分子デザインに応答した単層カーボンナノチューブの多段階フォトルミネッセンス変調」(ポスター)
 余 博達
「ビスアリールジアゾニウム塩の分子構造に基づくカーボンナノチューブの近赤外発光変調」(ポスター)
 新留 嘉彬
「ミクロ環境の違いが誘起する局所化学修飾単層カーボンナノチューブの近赤外発光波長変化」(ポスター)
 吉原 崚
「カーボンブラックの酸修飾による固体高分子形燃料電池の触媒活性向上」(ポスター)

7月8日 WONTON 2018@Hakone

 白木 智丈
「Molecular design for photoluminescence modulation of locally functionalized single-walled carbon nanotubes」(招待講演)
 白石 智也
「Evaluation of substituent effects on the potential levels of locally-functionalized single-walled carbon nanotubes using in situ photoluminescence spectroelectrochemistry」(ポスター)
 志賀 為仁
「Post modification approach for photoluminescence modulation of locally functionalized single-walled carbon nanotubes」(ポスター)

9月12-14日 第67回高分子討論会@札幌

 藤ヶ谷 剛彦
「カーボンナノチューブへのゲル被覆法の開拓と機能化」(依頼講演)
「単層カーボンナノチューブへの化学ドープによる熱電特性変調」(依頼講演)
 白木 智丈
Near infrared photoluminescent nanomaterials whose functions are tunable based on molecular interactions」(口頭英語)
「側鎖酸を持つABPBI膜からなる電解質膜の作製および側鎖の影響の評価」(ポスター)
 松本 昌修
「粒子状テンプレートによるカーボンナノチューブ膜の伝導度の異方性制御」(口頭)
 永井 薫子
「乳化重合によるチオール基反応性ゲル被覆カーボンナノチューブの合成」(口頭)
 志賀 為仁
「単層カーボンナノチューブ上でのイミン結合形成を利用した化学反応に基づく近赤外発光の多段階変調」(口頭)

9月25日 電気化学会秋季大会@金沢

 藤ヶ谷 剛彦
「カーボンブラックに対する高分子被覆の触媒活性および耐久性に対する効果」(口頭)
 吉原 崚
「酸修飾カーボンブラックの固体高分子形燃料電池触媒層への利用」(ポスター)

11月25-30日 2018 MRS Fall Meeting@Boston

 藤ヶ谷剛彦?
「Development of n-type single-walled carbon nanotube sheet with excellent air stability」(口頭)
「Thermoelectric Properties of Unsorted and Sorted Single-walled Carbon Nanotube Sheet」(ポスター)
 余 博達
「Photoluminescence modulation of single-walled carbon nanotubes by meta-linked bis-aryldiazonium modifiers」(ポスター)
 新留 嘉彬
「Organic Solvent-induced Spectral Shifts of Near Infrared Photoluminescence of Locally Functionalized Single-walled Carbon Nanotubes」(ポスター)
 吉原 崚
「Development of acid-grafted carbon black for polymer electrolyte fuel cell catalyst support for low relative humidity operation 」(ポスター)

12月4-7日 IPC2018@Hiroshima

 藤ヶ谷 剛彦
「Thermoelectric Properties of Single-walled Carbon Nanotube Sheet with Different Metalicity」(口頭)
 白木 智丈
「Selective Wavelength Shifts of Near Infrared Photoluminescence Based on Molecular Recognition on Single-walled Carbon Nanotubes」(口頭)
 Hoon Han
「Fabrication of Wide Temperature Polymer Electrolyte Membrane by Acid-grafted Poly(2,5-benzimidazole) 」(ポスター)
  Samindi Jayawickrama
「Improving Pt utilization efficiency in polymer electrolyte membrane fuel cells by polymer wrapping onto the carbon blacks」(ポスター)

新着情報News

2018.8.30-31
JSTフェア@ビックサイトで松本君の作製した熱電デバイスを展示しました。。
2018.8.27-28
Wisconsin大学からPadma先生が訪問されました。
2018.8.20
中島君(H29卒)の成果がYouTubeで紹介されています(4分30秒付近)
2018.8.19
大園君(H29卒)の論文がBCSJに採択されました!
2018.8.2-3
研究室旅行で壱岐に行きました。
2018.7.30
第36回九州分析化学若手の会で志賀君がベスト質問賞を受賞しました。
2018.7.6
Maryland大学のYuHuang Wang教授が訪問され、講演会も開催しました
2018.7.2
韓国釜慶大のグループとの共同研究がCarbonに採択されました。
2018.6.30
化学関連支部合同大会で志賀君、永井さん、松本君(以上M2)、新留君(M1)が受賞しました!!
2018.6.30
化学関連支部合同大会で志賀君、永井さん、松本君(以上M2)、新留君(M1)が受賞しました!!
2018.6.15
永井さん(M2)の論文がJACSに採択されました!
2018.5.9
鬼塚君(OB)の論文がChem. Eur. Jに採択されました!
2018.4.5
新たにM1の本石君と藤原君、中川君、守田君、山口君の4人のB4が加わりました。
2018.4.1
藤ヶ谷准教授が教授に昇進し、新たに藤ヶ谷研究室がスタートしました。新たに草薙さんを秘書に迎えました。
2018.3.31
長い間研究室を支えてくれた大坪さん、手塚さんが退職されました。また会える日まで。
2018.3.20
大園君、鬼塚君、韓さん、中島君、西村さんが修士修了しました。研究室を成長させてくれた皆さんに感謝しています。
2018.3.12
白木先生が飯島奨励賞を受賞!
2018.2.20
ダンミカさん(D2)、志賀君(M1)、永井さん(M1)が院セミベストプレゼンター賞受賞!
2018.1.30
ハン君(D1)がエネルギー研究教育機構若手支援プログラムで銀賞受賞
2018.1.22
福岡歯科大との共同研究が論文採択されました。
2017.12.18
チェリンさん(OG)、濱崎君(OB)、黄さん(D2)の論文がACS Energy Lett.に採択されました。
2017.12.15
韓さん(M2)が2017 九州・西部-釜山・慶南高分子(第18回)繊維(第16回)合同シンポジウムで優秀ポスター賞を受賞しました。
2017.11.22
第二回CNT熱電研究会を主宰しました。
2017.11.20
九州支部高分子若手研究会で白石君(D2)と永井さん(M1)がポスター賞受賞しました。
2017.11.4
秋のソフトボール大会で見事3位になりました!
2017.10.30
内村君(OB)の論文がChem.Communに採択されました。
2017.10.26
黄さん(D2)がA3 MeetingにおいてBest Poster Awardを受賞しました
2017.10.21
ホームカミングデーに第五講座ブースを出店しました。
2017.10.12
白石君(D2)の論文がNanoscaleに採択されました。
2017.10.4
白木助教が飯島奨励賞を受賞しました
2017.9.25
Joyさん(B4)が卒業しました。Han君(M2)、Samindiさん(M2)も無事修士修了しました。
2017.9.8
中島君、大園君(M2)が第78回応用物理学会「Photo&Illustration Contest」優秀賞を受賞しました。
2017.9.5
斎藤さん(OG)、韓さん(M2)の論文がChem. Lettに採択されました。
2017.8.23
ガヨンさん(D1)の論文がChem. Eur. Jに採択されました。
2017.8.4
中島君(M2)が院セミベストプレゼンター賞受賞!
2017.8.4
今年も皆で岸川うなぎに行きました。
2017.7.21
中間試問お疲れ様ビアガーデンに行きました〜。
2017.7.20
OB・OGの皆さん、お中元ありがとうございました!
2017.7.1
第54回化学関連支部合同九州大会において白石君(D2)が高分子部門でポスター賞、黄さん(D2)が電気化学部門で優秀研究発表賞、志賀君(M1)が物理化学部門で若手研究者奨励賞を受賞しました。おめでとう!
2017.6.30
永井さん(M1)が九州地区高分子若手研究会・夏の講演会でベスト質問賞を受賞しました。
2017.6.5
白木先生が第6回新化学技術研究奨励賞を受賞しました。
2017.6.4
中島君(M2)がテキサス大学への短期留学に出発しました。
2017.5.10
本研究室の燃料電池研究の記事が「繊維学会誌」に掲載されました。
2017.4.22
Shi君(卒業生)、楊さん(PD)の論文がJ. Mater. Chem. Aに採択されました。
2017.4.13
白木先生が第97日本化学会春季年会優秀講演賞を受賞しました
2017.4.1
PD中山さん、4年生新留君、余君、吉原君が、3年生のAnganaさん(G30)が新たにメンバーに加わりました。
2017.4.1
新たに分子情報システム講座がスタートしました。

Copyright(C) Tsuyohiko Fujigaya. All Rights Reserved.