藤ヶ谷研究室へようこそWelcome to Fujigaya Lab.

研究室のコンセプトGroup Concept


 藤ヶ谷研究室ではカーボンナノチューブや金属ナノ粒子などのナノマテリアルの基礎物性研究から実用化を見据えた応用開発まで研究しています。特にWPI-I2CNER 電気化学エネルギー変換研究部門のメンバーとして次世代燃料電池の開発にも精力的に取り組んでいます。

 今の目標は、いよいよ4年後に迫った東京オリンピックで実用化される材料を開発することです。特に、カーボンナノチューブは構造材料、電池材料、ライフサイエンス素材として魅力的な特徴を有しているために注目しています。分子合成技術を駆使し、超分子化学に根差した技術を土台とし、「化学」の力で世界の先端を行く材料を世の中に送り出したい、と考えています。分光電気化学による電子準位決定、相互作用解析、カイラリティ分離等の基礎研究成果を土台とし、2020年に華やかにデビューする燃料電池や透明導電性膜、ナノバイオ研究を行っています。

研究室のコンセプトGroup Concept


藤ヶ谷教授よりFrom prof. Fujigaya

平成の最初に30年後の科学技術を見通せた人はどれくらいいたのでしょうか。令和の幕開けは新しい科学の幕開けです。科学技術はこれからも予想もしない発展を続けるでしょう。
 藤ヶ谷研究室では20年後、30年後の科学を支える若い学生と熱いパッションで研究に取り組んでいます。

学会・講演会情報Meeting/Presentaion

新着情報News

2020.7.27
山口君(M2)の受賞記事が応物に掲載されました。
2020.6.1
藤ヶ谷研究室に新しく加藤先生が加わりました。これからよろしくおねがいします。
2020.4.1
新4年生として、三浦くん、赤峰さん、仲くん、浜砂くん、萬屋くん、古賀くん、G30から、Isabellaさんが加わりました。これからよろしくおねがいします。
2020.3.31
Dhammikaさん、ガヨンさん、吉原君が無事修了しました。研究室を支えてくれてありがとうございました。

Copyright(C) Tsuyohiko Fujigaya. All Rights Reserved.