• eyecatch01
  • eyecatch02
  • eyecatch03
  • eyecatch04

Research Theme

reserch01

1.バイオインスパイアード触媒の分子設計と触媒機能

  • ビタミンB12人工酵素の分子設計と触媒機能
  • 有機無機ハイブリッド触媒を用いた環境調和型触媒の開発
  • 二核コバルト錯体の新機能出現
reserch01

2.テトラピロール系金属錯体の分子設計と機能開拓

  • ポルフィリン錯体
  • ポルフィセン錯体
  • コルフィセン錯体
  • へミポルフィセン錯体
reserch01

3.金属錯体・金属クラスターの大規模集積化と次世代分子マテリアルの創出

  • 大環状多核クラスターの創製とレドックス機能
  • メタロ超分子ポリマーの創製とエレクトロクロミズム機能
  • 典型元素・遷移元素・ランタノイド元素を駆使した発光性分子システムの創製
  • メゾスコピック錯体化学の開学
141010

4.超分子集積化技術を基盤とした有機光・電子機能材料の開発

  • 超分子集積化技術を用いた革新的光エネルギー変換材料の開発

 

 

News

more

2019.06.17

論文掲載(共同研究)

名古屋大学の荘司グループとの共同研究の成果が、RSC Advancesに掲載されました。古賀君(D2)、徐君(D3)がポルフィセン金属錯体の合成および試料提供に貢献しました。

2019.06.13

論文掲載

徐君(D3)らの「ジピロエテンの酸化カップリングを利用した非対称ポルフィセンの合成とその光・電気化学特性」に関する論文が、Chem. Eur. J.誌のAccepted Articleに掲載されました。

お問い合わせ

Kyushu University, Gradate School of Engineering,
Depertment of Chemistry and Biochemistry
Fukuoka 819-0395, JAPAN
Tel: 092-802-2826
Fax: 092-802-2827

access_bt_en