多核金属錯体を用いたらせん型色素の合成とキラルな光学特性評価

発光には、右・左回転する2種類の円偏光発光(CPL: Circular Polarized Luminescence)があり、3Dディスプレイ、セキュリティ、センサへの応用が期待されています。CPL特性を示す色素は、キラルな有機低分子(ヘリセン、ビナフチル、環状・筒状構造体等)、キラルな金属錯体、ランタノイド錯体、分子集合体・有機高分子(らせん高分子等)に大別されます。しかし従来のCPL材料は、①高価なキラル源やレアメタルを原料とする、②煩雑・高環境負荷な有機合成が必要、③熱や媒質変化に対する低い安定性(ラセミ化)、など多くの問題点を抱えています。

新たなCPL材料として、我々は、3つの4座配位子と2つの3価典型元素(Al, Ga, In)からなる中性の二核三重らせん錯体を報告しました。①右巻き(P体)、左巻き(M体)の違いにより光学活性を示すため高価なキラル源が不要、②金属イオンと多座配位子との錯形成で簡便に合成可能、③高温、強酸性(強塩基)に対する高い安定性などの特徴を有しており、多色・強発光特性を示す色素として機能することを見出しました。

九州大学からのプレスリリースはこちら

代表的な論文

1) Angew. Chem. Int. Ed. in press. 

2) Bull. Chem. Soc. Jpn. in press.